忍者ブログ
wasabi&uzulla&mama&papaの日々=山葵日和 [wasabinewsnetwork.com]
[3601] [3600] [3599] [3598] [3597] [3596] [3595] [3594] [3593] [3592] [3591]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



sheetaのスイミングの話です。
級は上がってないのに、
なぜか一つクラスが上がり、
先生が変わりました。
その先生の厳しすぎる態度にどうしても納得がいかず、
昼間1人でスイミング教室へ行き、
相談してきました。

mamaも水泳は子供の頃から通い、
かなりスパルタな指導の元、
頑張っていました。
それはそれは厳しく、
50メートル泳ぐ毎にゴーグルに溜まった涙を出すほどでした。
だから体育会系の指導にも理解はある方だと思ってます。

けれど、幼稚園生のしかも水に顔をつけるのが精一杯の子供に対して、
あんな指導法をすることに納得がいかなくて。

そもそも何故sheetaが一つ上のクラスに移動させられたのか。
私が思うに、体が大きいからではないかと。
他の子はみんな3歳くらいなので、
sheetaの大きさはとても目立つのです。
それでも私はsheetaがスイミングに通ってもいいと言ってくれた気持ちが嬉しくて、
楽しく通ってくれるのなら、、と
一番下のクラスでも恥ずかしさなんてありませんでした。

本当なら年少から通わせたかったのですが、
sheetaが「いいよ」と言ってくれるのを待ち、
やっと始められたのが年長の10月でした。
段々楽しさも分かってきて、
笑顔でレッスンを受けていた矢先、
先生が変わり、
「明日スイミング行きたくない。」と。
前の日の夜にはなかなか眠れなくなっていました。
それでも2回は行かせたのですが、
「これではスイミングが好きにはなれないよ」
というpapaさんの意見に私も同意。
面と向かって人に文句を言うのが苦手な私ですが、
勇気を出し話を聞いてもらいに行ってきました。
母は強しですね!
行動に移せた自分を褒めてあげたいです。
けれど、他のママさん達から苦情が出ないという事は、
もしかしたら私がsheetaに対して甘いっていうことかもしれませんね。
けれど、今回の事はsheetaを守ってあげられたと、
自分は間違っていないと思いたいです。

結果、向こうも理解してくださり、
無事前の先生のクラスに戻してもらえました。
「しいたくんに、安心して来るように言ってください。」と優しい言葉も頂きました。
ありがとうございます!!
いつまでも甘い母でいるつもりはないのですが、
精神的に甘えてもらえる存在ではいたいと思っています。
これからも色んなことにぶち当たることでしょう。
その度に強くもあり、甘くもある母で立ち向かいたいと思います!!

ま〜人生色々勉強ですよね。
今回も文句なんですが相手には文句に聞こえないような言い回しを考えたり、
今後も付き合っていく方々なので、
一応大人の対応を。
こうやって人は成長していくんですね。
とりあえず今回はpapaさんを頼らず頑張れた自分を褒めてあげたいです。(笑)
PR



コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
のべ閲覧人数は・・・・
山葵日記検索
山葵日和著者紹介
あっしの名前:
wasabiママ
Official website:
性別:
女性
職業:
※屋さん
趣味:
ショッピング、食べ歩き
山葵日和帳~目次~
02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アクセス解析
最新コメント
[10/24 wasabiママ]
[10/23 sugarママ]
[10/20 wasabiママ]
[10/20 wasabiママ]
[10/19 スノママ]
[10/19 はむ]
[10/19 wasabiママ]
[10/18 mika]
[08/30 wasabiママ]
[08/30 sugarママ]
[08/23 wasabiママ]
[08/23 wasabiママ]
[08/23 はむ]
[08/22 mika]
[07/29 wasabiママ]
忍者ブログ [PR]