忍者ブログ
wasabi&uzulla&mama&papaの日々=山葵日和 [wasabinewsnetwork.com]
[3821] [3820] [3819] [3818] [3817] [3816] [3815] [3814] [3813] [3812] [3811]

wasabiさんの火葬も終わり、
我が家は通常の生活に戻りました。
学校から帰ってきたsheetaが、
「wasabiちゃんただいま!」
と当たり前のように言う姿に癒されました。
冷たくなってからのwasabiさんにも言っていましたが、
骨壺に入ってからは今日が初めて。
なのにずっと前から習慣になっているような、
そんな言い方でした。
そして「uzullaちゃんお留守番よく頑張ったね!」
と優しく接してくれるのです。
sheetaが今回泣いたのは、
wasabiさんが亡くなったことを知ったその時だけでした。
その日の夕方からは、
お客さんが来てくれるのが嬉しいようで、
楽しそうに過ごしていました。
火葬の時にお別れ式というのもやったのですが、
その時も泣くことはなく、
色々なことに興味を持ち、
初めての経験を乗り越えました。
私の母は、まだ7歳のsheetaには刺激が強すぎるのでは、
と心配していましたが、
私はみんなで送り出したかったし、
sheetaだけでなく、母と父にも。
私達の中でwasabiさんがどんな存在だったのか、
世間の常識ではなく、
ワンコを愛する人の常識も理解してもらいたく、
参列をお願いしました。

ここからはwasabiさんのお別れ式と火葬について書きたいと思います。
出来るだけリアルな写真は載せないつもりですが、
それでも骨を壺に入れる写真もあるので、
苦手な方はこの先は読まないで下さい。

火葬はwasabiさんが亡くなった翌日の18時にお願いしました。
真夏ではないし、そこまで急ぐこともなかったのですが、
お空にはお友達もいるし、アニモママもいる。
安心して送り出せるので、
粘る必要性を感じませんでした。
体はガリガリでしたが、
「死んでも可愛いってほんとwasabiはすごいね!」
と家族で話していました。
本当に可愛かったです。
口や鼻やお尻からも何も出てこなくて、
綺麗なwasabiさんでした。
けれど2日目には目が窪んできたりしたので、
美人さんのまま送り出すには今日かなと思ったのです。

自宅から送り出したくて、
お別れ式と火葬は、自宅でお願いしました。


まずは、お葬式のような、
お別れ式というものをしました。
みんなで顔のまわりにお花を入れ、
フードも入れ、
式が始まりました。
1人ずつお焼香をし、
お経も読んでもらい、
これから天国へ行くまでの説明も受けました。
天国までの道のりには6つの難所があり、
その為に六文銭というのを持参するんだそうです。
1人一文ずつ握りしめ、願いを込め、
六文を袋に入れました。
「wasabiさんは美人さんだから六文銭なんて持ってなくても通してもらえるけどね」
と心の中で考えるそんな余裕もありました。
けれど、さすが司会者。
泣かせてくれます。
そして、全てに親切で丁寧で私達に気を使ってくれました。


六文銭と刀を持って出発するwasabiさん。


火葬は自宅の駐車場でやってもらいました。
wasabiさんを置いた写真は省略しますが、
沢山写真を撮りました。
入って行くところも、
出てきたところも撮りました。
wasabiさんが頑張ってくれた証ですからね。


火葬時間は冷ますのも含め35分ほど。
wasabiさん、立派な骨が残りました。
背骨、肋骨、骨盤、下顎、頭蓋骨、
尻尾、足の指までも。
黒い骨は一切なく、白くて綺麗な骨でした。
sheetaが骨壺に入れたいとのことで、
時間もかかってしまったのですが、
業者の方は常に温かく見守ってくださいました。
そういう部分も含め、
私達の満足いくお別れが出来たと思います。


今朝は、uzullaちゃんとクリーニング屋さんまで歩きました。
お昼はpapaさんが庭で遊ばせてくれました。


uzuちゃん、しっかり甘えて楽しく暮らそうね!
PR



コメント
無題
沢山の幸せをくれてありがとう!!
wasabiちゃんに出逢えてほんとーーに良かった!!
私もwasabiちゃんなら六文銭が無くても美人だから通してくれると思います^m^ウフフ
虹の橋を進んだらwasabiちゃんに会いたがってた札幌のおじさんが居るから遊んであげてね。
【2017/10/19 13:27】 NAME[はむ] WEBLINK[] EDIT[]
無題
おつかれさまでした
今日まで本当にありがとう
幸せな毎日だったこと 愛していたこと
全てが宝物ですね
落ち着いた頃に津波のような感情に襲われるかもしれませんが、そんなときは泣いて泣き崩れてしまってくださいね
明日も笑顔でありますように☆
【2017/10/19 18:02】 NAME[スノママ] WEBLINK[URL] EDIT[]
はむさ〜ん!!
ありがとうございます。7月に会いに来てくださってパワーを頂き、10月まで頑張ることが出来ました。パパさんの時、何も声をかけられずすみませんでした。どんな言葉をかけていいのか分からず、wasabiさんの介護にかまけて、そのまま来てしまいました。
天国へ行ってもみんなに可愛がってもらえてると信じています。パパさんにもやっと会えますね。
みんなが向こうで楽しく暮らせるよう、私達は心配かけないように暮らしたいと思います。
今まで、本当に応援ありがとうございました!!
【2017/10/20 09:27】 NAME[wasabiママ] WEBLINK[] EDIT[]
スノママさ〜ん!!
ありがとうございます。
そうですね。いつか津波のように襲われる日がくるかもしれませんね。その時はみんなで泣きたいと思います。
私の人生に16年もかかわってくれたwasabiにとても感謝しています。そして、私は今後もwasabiのおかげで強く優しく生きていけるような気がしています。
今後とも我が家をよろしくお願いします!!
【2017/10/20 09:34】 NAME[wasabiママ] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
のべ閲覧人数は・・・・
山葵日記検索
山葵日和著者紹介
あっしの名前:
wasabiママ
Official website:
性別:
女性
職業:
※屋さん
趣味:
ショッピング、食べ歩き
山葵日和帳~目次~
10 2017/11 12
S M T W T F S
4
6 7 8
14 18
19 24 25
26 27 28 29 30
アクセス解析
最新コメント
[10/24 wasabiママ]
[10/23 sugarママ]
[10/20 wasabiママ]
[10/20 wasabiママ]
[10/19 スノママ]
[10/19 はむ]
[10/19 wasabiママ]
[10/18 mika]
[08/30 wasabiママ]
[08/30 sugarママ]
[08/23 wasabiママ]
[08/23 wasabiママ]
[08/23 はむ]
[08/22 mika]
[07/29 wasabiママ]
忍者ブログ [PR]